VIS-350

      VOCフリー対応スプレーフラクサー

      サーボスイング方式のスプレー塗布機構により

      塗布ムラのないフラックス塗布が可能。

      環境対応のV.O.Cフリーフラックスのスプレー塗布が可能。

       

      1.均一塗布を実現

      超低圧微量塗布可能なスプレーガンの採用とサーボモーターの高速スイング制御の併用により、塗布ムラのない均一塗布を実現しました。

       

      2.塗布効率を大幅にUP!

      超至近距離からのフラックス塗布機構の採用は、塗布効率を大幅にアップさせ、基板外へのミスト飛散・粒子のリバウンドを激減させました。

      したがって、メンテナンス頻度も低減します。

      また、塗布効率向上によりフラックス使用料も削減できます。

       

      3.サブタンク供給管理構造

      フラックスのサブタンク供給管理構造により、フラックス交換は装置を停止せずに実施できます。

       

      4.条件管理がとっても簡単

      液晶モニター上にてスプレーエリア(X・Y寸法)を正確に設定できます。

      また、エーア圧力、液切れ、フィルター交換、スプレー塗布量異常等のエラーメッセージが表示されるので、ラインでの条件管理が簡単です。

       

      5.予備加熱機構(オプション)

      V.O.Cフリーフラックスは塗布する直前に基板を予備加熱(60℃)しますと、

      ・基板への水分付着量が30%現象し、基板との界面張力が低くなり、ぬれ性とレベリング性(均一性)が向上します。

      ・本加熱部(はんだ付装置プリヒータ部)での溶剤( 水)の蒸発が早くなり、フラックス内の樹脂の流動性が良くなります。

      ・基板の耐熱プリフラックスが軟化し、ポストフラックスとの相溶性が向上します。

      等の効果が得られ、はんだ付け性がよりアップします。

       

       

      TOP